築50年の暗くて寒い古家を明るく冬温かいお家に建替え

Loading...
  • 築50年の暗くて寒い古家を明るく冬温かいお家に建替えの画像1
    リビングからダイニング方向を見ています。天井には規則正しく構造材の杉の化粧梁をみせています。梁と梁の間にダウンライトを埋め込みシンプルに仕上げています
  • 築50年の暗くて寒い古家を明るく冬温かいお家に建替えの画像2
    キッチンからダイニングリビングが見渡せます。右手の勝手口は窓部分を上下に動かすと網戸を通して風を取り入れることができます。キッチン廻りには掃除のしやすいパネル材を張っています
  • 築50年の暗くて寒い古家を明るく冬温かいお家に建替えの画像3
    天井は屋根勾配に合わせた斜め天井にして空間をより広くみせています。大きな化粧梁が1本見えてワンポイントデザインになりました
  • 築50年の暗くて寒い古家を明るく冬温かいお家に建替えの画像4
    成人された子供さん用のお部屋です。天井材、床材は無垢の杉材です。左手の円柱は全館空調用の床下まで伸びるダクトです
  • 築50年の暗くて寒い古家を明るく冬温かいお家に建替えの画像5
    造り付けの洗面台です。右手の引違い建具部分の収納は着替えの物やバスタオルや洗剤などたくさん収納できます。木のカウンター台にはウレタン防水を施しています。鏡の上にはガラス窓があり自然光が入ってきます
  • 築50年の暗くて寒い古家を明るく冬温かいお家に建替えの画像6
    トイレは将来を見据えた手すりの取り付けや収納を兼ねた手洗いカウンターを作りました
  • 築50年の暗くて寒い古家を明るく冬温かいお家に建替えの画像7
    少し小さめの玄関ですが、その分収納をできる限り広くとりました。リビングへの入り口の建具も格子戸風にして圧迫感を和らげています
  • 築50年の暗くて寒い古家を明るく冬温かいお家に建替えの画像8
    道路から2階部分を離して窮屈さを感じさせない設計です。駐車場も縦型になりますが2台分確保できました

【北九州市門司区】

築50年以上の古家の建て替えです。敷地も小さめで道路幅も狭かったので暗くて冬は物凄く寒いお住まいでした。どの部屋も明るく、冬暖かく、夏は涼しい家を作ることが建て替えの目的でした。そして地震や台風に強い耐震等級3の取得や長期優良住宅の認定取得も実現しています