RENOVATION
検索キーワード

カテゴリー

アーカイブ

  • 基礎配筋工事(長期優良住宅先導モデル”10) - 和白の家 -
  • 2010/09/20/(月) 管理者

基礎配筋工事が始まりました。

防湿シート上部に鉄筋を網の目のように組んでいきます。


人通口(床下点検時に基礎全体が見れるために)の部分が基礎の立上げ部分がなくなりますので補強します。基礎立上がり巾15㎝ありますので梁の役目をしています。その部分が60㎝ほど切れたようになりますので、その部分を鉄筋で補強します。長期優良住宅先導モデルならではの工法です。


家の隅になる部分です。外周は地中梁のように深さ30㎝・幅25㎝のコンクリートになっています。


明日は、排水管工事後コンクリート打ちになります。