RENOVATION
検索キーワード

カテゴリー

アーカイブ

■■■ 記事一覧 ■■■
  • 小倉南区 エコハウス -W発電の家-
2011/02/03/(木) 管理者

完成見学会終了致しました。一階リビング廻り。二階吹抜けとフリースペース。


  • 基礎立上りコンクリート打ち -上曽根の家- OMソーラー
2011/02/03/(木) 管理者

基礎工事中アンカーセットを終えコンクリート打ちお天気に恵まれた工事陽よりです。ポンプ車をセットしてのコンクリート打ちです。生コン車からコンクリート圧縮強度試験用供試体用コンクリートを抜き取ります。三本の試験用供試体の作成中。打設開始、バイブレータをかけながら型枠に流して行きます。コンクリート工事の完了です。上棟式は、13日(日曜日)で進めています。*-*-*-*-*-*-*-*イベント情報*-*-*-*-*-*-*-*-*○2月19日OMソーラーセミナー27日OMソーラー構造見学会○3月6日緑の柱構造見学会12日・13日TOTOリモデルリフォーム大感謝祭19日~21日緑の柱完成見学会26日・27日(5日間)*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


  • 基礎コンクリートベース打ち -上曽根の家-  OMソーラー
2011/02/02/(水) 管理者

配筋工事が終わり、検査(瑕疵担保・建築性能評価)そしてコンクリーベース打ちの開始です。※建築性能評価とは、評価方法基準に基づいて住宅の性能を評価し、設計住宅性能評価書を交付します。さらに施工段階で4回の検査を行い、図面どおり施工が確実に実施されているかを評価し、建設住宅性能評価書を交付します。評価書とはそれぞれ、設計段階、完成段階時点での性能の証明書です。性能評価検査の流れ・設計性能評価書交付・基礎配筋検査・躯体検査・内装下地前検査・竣工検査以上4回の検査です。基礎配筋工事の全体。コンクリートの状態確認です。スランプ、温度など、コンクリート圧縮強度試験用供試体、3本を現場にて抜きとり打設現場の近傍で、直射日光や雨などの当たらない平らな場所で3日間静置します。その後建材試験センターに搬入された、供試体は脱型がおこなわれ、試験室の養生水槽で所定の期間まで養生を行います。所定の時間:通常、コンクリートの評価を行う試験材齢は28日となっています。その後圧縮強度試験を行います。圧縮強度試験には次回ご説明します。ポンプ車により打ち始め。-*-*-*-*OMソーラー・小国杉の家づくり構造見学会準備中


  • 基礎工事    - 上曽根の家 - OMソーラー
2011/01/29/(土) 管理者

基礎工事の着工井戸を埋める時のおはらい。外部廻りの床堀防湿フィルムを敷き込み地面からの湿気を床下に入れません。配筋工事中、長期優良住宅なので鉄筋の間隔を建物の重量、耐力壁の場所などを考えて行います。-*--*--*--*--OMソーラーの家--*--*--*--*-もうすぐOMソーラーの基礎部分から土台の部分へ


  • 試掘調査    - 上曽根の家 -
2011/01/19/(水) 管理者

建築地が、「周知の埋蔵文化財包蔵地」にあたりますので試掘調査がありました。調査状況です。土器や住居跡など何もありませんでした。地鎮祭も終わりいよいよ基礎着工になります。---ニュース先日、曽根「WALL」にて---西部ガス様、ポーラ様と合同でPR活動を開催しますた。1月22日~30日までの小倉南区「エコハウス」誕生!完成見学会のPRです。ポーラ提供による「ハンドマッサージ」手の荒れるこの時期にお手入れの紹介です。-------------------------------------


  • 解体工事着手  ―上曽根の家―
2011/01/09/(日) 管理者

2011年1月6日新年より着手の工事現場です。解体工事中、1週間で整地完了予定です。地鎮祭を1月15日の予定で進めています。※この建築現場は、国土交通省の補助金を受けています。―*―*―*―*―ニュース―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―私どもと地域工務店で活動しています九州・山口匠の会が提案した家づくりがこの度、国土交通省が認定する長期優良住宅先導事業に採択されました。一般的な長期優良住宅に加え一戸当たり200万円の補助金が受けられます。詳しくは係員にお尋ねください。(数に限りがあります。)―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―


  • 緑の柱で建てる家 内部造作工事  -菅原の家-
2010/12/28/(火) 管理者

内部造作工事中・1階和室の天井構造材の小国杉梁・桁は化粧で見せます。・2階床工事建物のねじれを止めるために、構造用合板を敷きしっかり梁に釘で止め、その上に井形に根太をきみます。そのスペースが電気配線のスペースになります。構造桁・梁を見せないときは天井裏に配線をします。・2階床の断面(階段スペースより撮影)桁の上から順に・構造用合板28㎜・根太30×45㎜を井桁に組みます。・構造用合板12.5㎜電気配線後施工・杉板(床仕上げ材)15㎜の順になります。・ユニットバスの設置ユニットバスの台をしっかり施工して、床・浴槽・壁・天井と組んでいきます。・分電盤の位置電気配線の中心になります分電盤に各回路ごとの線が集まってきます