RENOVATION
検索キーワード

カテゴリー

アーカイブ

■■■ 和白の家 ■■■
  • 長期優良住宅 棟上   - 和白の家 -
2010/09/29/(水) 管理者

天気にも恵まれ、棟上げです。柱を建てる前に工事の安全祈願で、四隅にお塩、お酒を巻きます。黒い部分は、防蟻材のヘルスコキュアーです。ヘルスコキュアーは木質系の天然素材と微粉末木質炭素、天然鉱石を配合して開発された独自の防蟻防腐材です。※ヘルスコキュアーは薬剤を一切使用しておりませんので、無毒性で人体に安全な商品です。1階より柱(小国杉4寸角)を建て、クレーンで桁・梁を組んでいきます。梁・桁も4寸巾です。1階の組み方も終わり2階床の工事が始まります。2階床工事も終わり、2階の梁・桁の組み方。棟も上がり、母屋組の始まりです。屋根タルキを組んで屋根型の感じが見えてきました。遮熱シートを、野地板の下に貼ります。軒先の垂木をそろえ破風板を取付。遮熱材をおさえ、野地板との間に空気層をつくり熱を逃がします。明日からは、屋根工事と耐力壁(ダイライト)の工事になります。.*.・゜゜・.*.・゜゜・お知らせ゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・..*.・゜゜・.*.・゜゜・.◆10/2(土)・3(日)リフォーム完成見学会◆10/9(土)北九州エコハウス住宅相談会゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.*.・゜゜・.


  • 基礎配筋工事(長期優良住宅先導モデル”10) - 和白の家 -
2010/09/20/(月) 管理者

基礎配筋工事が始まりました。防湿シート上部に鉄筋を網の目のように組んでいきます。人通口(床下点検時に基礎全体が見れるために)の部分が基礎の立上げ部分がなくなりますので補強します。基礎立上がり巾15㎝ありますので梁の役目をしています。その部分が60㎝ほど切れたようになりますので、その部分を鉄筋で補強します。長期優良住宅先導モデルならではの工法です。家の隅になる部分です。外周は地中梁のように深さ30㎝・幅25㎝のコンクリートになっています。明日は、排水管工事後コンクリート打ちになります。


  • 長期・ちきゅう(地域木造優良)住宅国産材先導モデル2010 和白の家 基礎着工
2010/09/18/(土) 管理者

国土交通省補助金(200万円)を活用した家基礎着工防湿フィルムコンクリートの下に敷き込みます。これから、鉄筋を組みます。