RENOVATION
検索キーワード

カテゴリー

アーカイブ

  • OMソーラー集熱工事  - 上曽根の家 -  OMソーラー
  • 2011/02/17/(木) 管理者

OMソーラーの集熱部分の工事です。

軒先から外気を入れこの集熱部分で、空気を暖めます。
外付けダクトで暖かい空気を集めます。




 外付けダクトの工事中、長方形の穴から暖めた空気を吸い込んでいきます。




 棟部分のダクト工事完了です。次は集熱パネルの設置を行います。




 1枚目の設置になります。




 集熱パネル 長さ2.1mの7列で設置完了



- 屋根で集熱する仕組み -OMソーラーの原理と仕組み

     屋根は太陽熱を集める仕掛け
OMソーラーにとって、建物の屋根は太陽の熱を有効に集める仕掛けであり、そのための工夫が随所にあります。
太陽ので屋根面が熱せられると、新鮮な外気が外気取り入れ口から入ってくるが、集熱空気の速度は秒速10センチというゆっくりしたものなので、外気取り入れ口は風の影響を受けにくいように工夫されています。
OM集熱パネルは、ガラス面の下に波型の黒い金属板があり効率よく太陽の熱を受ける仕組みがあります。ガラスは外気温と風による放熱から保護して、集熱された空気の温度をさらに高める役割を果たしています。





 ベランダ防水(スカイポロムナード)表面は現在養生をしています。