RENOVATION
検索キーワード

カテゴリー

アーカイブ

  • ピザ窯の設置    ―上到津の家―
  • 2010/08/06/(金) 管理者

大谷石のピザ窯の設置

基礎コンクリートの上にモルタルを1センチ程度ならし大谷石の1段目を水平に置きます。



2段目の設置。






ピザを焼く部分は陶器製です。



窯の屋根部分丸い屋根になっています。5個の大谷石で積み重ねていきます。隙間の部分は耐熱パテにて隙間を埋めます。



煙突(陶器製)の取付。まっすぐにして隙間をパテ埋めです。



窯の横に作業台の取付。



ピザ窯の完成です。5日間このままに状態で乾燥をまちます。その後すこしづつ弱火で火をおこしなじませてから焼き始めになります。



横のレンガのかまども明日には完成します。
ご飯を炊いたり、焼き肉、なんどもOK。網の高さも調整(火の高さ)も出来るように工夫しました。いよいよ火入れ式の準備です。