RENOVATION スタートはゼロではない

「住まいの再生工房」コンセプト 「リノベーション」では、「リフォーム」で行う設備や内装の更新だけでなく、「住まい」の「箱」としての基本性能をアップし「耐震性」や「断熱性」を向上させる工事を行います。また、新築と異なりゼロからのスタートではないので、ご予算に応じて、また必要に応じて必要なだけ工事をするといった選択が可能です。

耐震性をアップする サン建築工房がこだわっている優れた構造材~「小国杉」を用いたり、「金物等」を追加したりして、骨組みの補強、再構成を行います。また必要に応じて、「ダイライト」~構造用面材 を張り、面剛性(面で支える力)をアップして粘り強く地震に耐えられるようにします。

リノベーション構造
基礎のや骨組以外を一新します 基礎のや骨組以外を一新します 基礎のや骨組以外を一新します スタートはゼロではない スタートはゼロではない

  断熱材を入れて、住まいの「箱」としての性能を良くすれば、冬暖かく、夏涼しい居心地の住まいになります。また、住まう方の健康、さらに光熱費の削減にもつながります。

スタートはゼロではない

湿度を調整する室内環境にとって大切なのが湿度のコントロール~「調湿」です。「住まいの再生工房」では、「ほたて漆喰」や「ヘルスコート」を使用して快適な湿度を保つ工夫をします。同時に「臭い」や「カビ」の対策にもなります。

スタートはゼロではない スタートはゼロではない スタートはゼロではない スタートはゼロではない

「床」のあたたかさ「住まいの再生工房」では「サン建築工房」が新築で得意としている無垢の「杉床」を基本にしています。足触りがよく、何よりもあたたかい。「床」あたたかさは住まう方の健康にとって重要です。その家の床温度が下がれば、住まう方の病気の罹患率(りかんりつ)~病気にかかる率、が上がるというデータもあるほどです。